盆栽の大きさについて

盆栽のサイズ

盆栽にはサイズごとに呼び方があります。

小さい順に

・(豆盆栽・ミニ盆栽)

・小品盆栽

・貴風盆栽

・中品盆栽

・(大品)盆栽

と呼ばれています。

それでは具体的なサイズを見てみましょう

サイズは全て樹高(鉢の上から樹のてっぺんまで)が何CM(センチ)かによって分かれます。

豆盆栽・ミニ盆栽

およそ樹高10cm未満

非常に小さな盆栽で苗木など若い盆栽が多く、価格も1000円以下のお手頃なものが多いです。

鉢が小さい場合、水切れしやすいので霧吹きを近くに置いておくと便利です。

小品(しょうひん)盆栽

おおよそ樹高10cm~19cm

片手で持てるサイズです。

小さくても樹齢が古い盆栽も多く、小品盆栽のみ扱う愛好家もいるほど人気のサイズです。

また、小品盆栽には大きい盆栽とは違った世界観があり、小品盆栽のみの展示会や販売会が開かれるなど、盆栽の中でも独立したものとなっています。

貴風(きふう)盆栽

おおよそ樹高20cm~34cm

小品盆栽と中品盆栽の間のサイズです。

中途半端なサイズという人もいますが、現在の住宅事情にマッチしており、飾り棚があればオシャレに飾ることができます。

手ごろな大きさなので飾りやすく、添えの草ものと共に飾られることも多いです。

中品(ちゅうひん)盆栽

おおよそ樹高35cm~40cm

一人で持てるサイズです。

室内だけでなく、屋外にも飾れるサイズで、広いスペースがとれない環境でも育てることができます。

サイズとしてやや小さめでも樹齢100年以上の樹もザラにある為、大きな盆栽に劣るということはありません。

(大品)盆栽

樹高40cm以上

盆栽によっては二人以上でないと持てないものもあります。

培養・鑑賞にはそれなりのスペースが必要になりますが、グレードが高く、非常に高額で取引される盆栽もあります。

まとめ

・盆栽は樹高でサイズが分かれる

・展示会はサイズ別に展示されることが多い

・自分好みのサイズを知っておくと購入時に探しやすい

・小品盆栽は独立した世界観を持つ

・小さい=木が若いではない

盆栽の大きさを伝える上でこの呼び方はよく使うので、自分の盆栽はどのサイズなのか知っておいたほうが良いでしょう。