コケを張ってみよう!

苔(コケ)は培養環境によっては自然に生えてきますが、鮮やかな緑のものや黄緑色のものなどさまざまな種類があります。

それらを組み合わせることによって、さらに盆栽を鮮やかにすることができます。

また、見た目だけでなく、苔を張ることによって水持ちがよくなるので培養の上でも利点があります。

コケの種類

ヤマゴケ

緑色のコケ。

一般的によく見かけるコケです。

家の周りの日陰で見つけることができます。

盆栽でもよく使われています。

ギンゴケ

黄緑色のコケ。

土の上だけでなく、コンクリートの上でもよく見かけます。

苔玉やケト土をつけた石付き盆栽でよく使われます。

ハイゴケ

黄緑色のコケ。

湿度の高い場所で見かけ、フワフワとしている。

広範囲に群生しており、綺麗に剥がせるので使い勝手は抜群。

ゼニゴケ

撥水性が高く、水が土まで到達しにくくなってしまうので盆栽には不向きなコケ。

生えてしまった場合、すぐに除去する必要があります。

培養だけを考えたコケ張り

とりあえず、今は見た目よりも培養優先という方はミズゴケかコケを細かくしたモノを使用します。

ミズゴケを使用

ホームセンターなどで乾燥しているモノが売られています。

使い方は簡単で、ミズゴケを少しづつちぎって、土の表面に敷き詰めていくだけです。

敷き詰め終わったら水を満遍なくかけて、薄くなった個所があればミズゴケを追加します。

これで、保水性が上がり、培養環境が向上します。

コケを細かくして使う

コケをすりつぶし、粉のようにしたものを使うこともできます。

小さな盆栽などでよくみられる方法で、狭い部分にも敷くことができるので利便性が高く、保水性も高いです。

しかし、水やりの際に流れやすいので、角度と水圧には注意が必要になります。

準備編

必要な道具

・ヘラ付きピンセット

・コケを入れる容器

・霧吹き

コケ探しへ

コケは主に日陰に生えていますので日陰を中心に探します。

湿度が高い場所を好むコケもあるので、水場の近くも探してみましょう。

見つけたらピンセットのヘラで、なるべくきれいな部分をちぎれないようにシート状に採取します。

採取したら霧吹きで水をかけておきましょう。

いざコケ張り

コケを採取したら苔の配置を決めましょう。

コケをある程度の大きさにちぎってパズルのように当てはめていきます。

コケの張り方にルールがあるわけではありませんが、同じコケを広範囲に張るとのっぺりとした印象になってしまいますので、違う色のコケを組み合わせて立体感を出しましょう。

コケが貼り終わったら

コケの配置が決まったらピンセットのヘラで上から押していきます。

こうすることによってコケが土に吸着しやすくなります。

その後、水をあげますが、せっかく張ったコケが流れてしまわないように注意して水やりをしましょう。